こんなときどうする

ホーム > こんなときどうする > 家族が減った > 扶養者からはずすとき

扶養者からはずすとき

就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が、被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は、被扶養者からはずす手続きが必要です。

下記の書類に必要事項を記入し、該当する被扶養者の保険証を添えて、5日以内に健康保険組合に申請してください。

手続き

手続書類:
健康保険被扶養者(異動)届
添付書類:
健康保険被保険者証(該当する被扶養者のもの)

※異動があった日から5日以内に提出してください。

○被扶養者が75歳になったとき

75歳以上の方は「後期高齢者医療制度」の被保険者となるため(65歳以上対象者も含む)、被扶養者にすることはできません。被扶養者が75歳になった場合にも、被扶養者からはずす手続きが必要となります。

下記の書類に必要事項を記入し、交付されている場合は該当する被扶養者の高齢受給者証を添えて、5日以内に健康保険組合に申請してください。

手続き

手続書類:
健康保険被扶養者(異動)届
添付書類:
高齢受給者証(交付されている場合)

※異動があった日から5日以内に提出してください。

○転勤・子どもの進学などで家族と離れて暮らすとき

単身赴任や子供の進学などで、被保険者本人と家族が離れて暮らすときは、被保険者または該当する被扶養者の住所変更が必要です。

下記の書類に必要事項を記入し、該当する被扶養者の保険証を添えて、健康保険組合に申請してください。

手続き

手続書類:
住所変更届
添付書類:
健康保険被保険者証(該当する被扶養者のもの)

※そのつど提出してください。
ページの先頭へ
© Kanagawa equipment health insurance society.