けんぽからのお知らせ

ホーム > けんぽからのお知らせ > 令和元年度台風第15号の影響による停電に伴う災害により被災された皆さまへ

○令和元年度台風第15号の影響による停電に伴う災害により被災された皆さまへ

2019年09月24日(火) 18:00:37 by 神奈川県機器健康保険組合 

令和元年度台風第15号の影響による停電に伴う災害により被災された皆さまへ

このたびの災害により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げますとともに、一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

今回、下記の災害救助法適用地域にお住まいで被災された方は、医療機関等の窓口で支払う一部負担金について免除等の適用を受けることができます。その場合、「健康保険一部負担金等免除証明書」の提示が必要となりますので、該当される方は、当健康保険組合までお申し出ください。

1.対象者
災害救助法の適用地域住民であり、住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした方
※災害救助法適用地域については「令和元年台風第15号の影響による停電に伴う災害救助法の適用について」をご覧ください。

2.免除を受けるには
一部負担金の免除を受けるには、当健康保険組合が発行する「健康保険一部負担金免除証明書」を被保険者証に添えて、保険医療機関等に提示する必要があります。
申請については、交付申請書をHPよりダウンロードし必要事項を記入のうえ組合あてご提出ください。
なお、申請書をご提出いただく際は、お住まいの自治体等による災害に係る証明書等の添付が必要となります。
※以下については、免除対象外となります。
・食事療養標準負担額、生活療養標準負担額
・柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師による施術その他の療養費

3.一部負担金の還付請求について
免除証明書の交付要件に該当する方で、免除期間内に保険医療機関等の窓口で一部負担金を支払われた場合には、「健康保険一部負担金等還付申請書」を当組合に申請いただくことにより、一部負担金等の還付を受けることができます。

4.免除期間
令和2年2月29日まで

5.健康保険被保険者証が提示できないとき
被災により被保険者証を紛失・消失、あるいは家に残したまま避難しているため医療機関等の窓口で被保険者証を提示できない場合でも、次の事項を申告すれば受診することができます。
・氏名
・生年月日
・連絡先(電話番号等)
・勤務する事業所名

6.被保険者証の再交付について
被保険者証の再交付が必要な場合、手続きは、通常事業主経由でお届けいただいておりますが、困難な場合は、当組合まで直接ご連絡ください。

7.保険料の納付期限について
今回被災した事業所及び任意継続被保険者は保険料の納付期限の延長及び納付の猶予を受けることができます。

※ご不明な点がございましたら健康保険組合までご連絡ください。
(お問い合せ先)電話 045-641-7713

ページの先頭へ
© Kanagawa equipment health insurance society.